石野歯科ブログ

2019年1月14日 月曜日

あけましておめでとうございます。

新年だいぶ遅れてしまいましたが、あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

プロフェッショナルケア、セルフケア、両輪で
なるべく歯を残せるよう、スタッフ共々邁進してまいります。

さて、今年の初日の出は穏やかで、とても綺麗でしたね。

一年素晴らしい年になりますよう,
祈念致しております。


記事URL

2018年12月29日 土曜日

冬季休暇のお知らせ。

 特に最近寒い日が続きます。


 さて、本年の診察は本日をもって終了いたしました。
本年も昨年を上回る多くの方にいらしていただきました。
ありがとうございました。

 来年もスタッフ共々、よろしくお願いいたします。

 新年は一月五日より診察いたします。

 良い年の瀬をお過ごしいただき、明るい新年をお迎えください。

記事URL

2018年11月15日 木曜日

定期的なプラーク除去で医療費の抑制が見込めるようです。

涼しい日が続いてきています。紅葉もそろそろですね。


さて
最近、歯科を定期的に受診される方は、医療費が全体に少ない、という報告が出ています。

有名なのは、トヨタ関連健保組合の調査や、日本IBMの調査です。
トヨタ関連健保組合は歯科医院で年に2回以上、定期的に歯石除去などをしている 602 人を抽出し、 総医療費を調べ、
定期受診の人は 48 歳までは総医療費が平均より高いですが、 49 歳を過ぎると平均を下回る分布傾向でした。
65 歳になると平均が 35 万円に対し、定期受診の人は20 万円以下とその差は広がっていくというデータを発表しています。
また、もちろん歯科関係の医療費も抜歯したところに対する処置も少ないため、健康なまま食べやすい状態で費用がかからない状態だと思われます。

日本IBMは、日本IBM健康保険組合の歯科予防プログラム「p-Dental21」という個人向けのプログラムを2004年にスタートさせ,
8年目の2011年、医療費抑制の累積額がそれまでに投じた総コストを約3200万円上回り損益分岐点を超え、今後も"黒字"は増加し続ける見通しです。

このように個人的にも、社会全体に対しても、医療費の減少が見られます。

歯周病にかかると
●バージャー病
●骨粗鬆症
●低体重児出産
●早産
●アルツハイマー型認知症
●心臓病
●脳梗塞
●糖尿病
●動脈硬化
●肺炎
など、との関係が見られますし、
リウマチとの兼ね合いもデータから読み取ることもできます。

いろいろ、様々な関連が見られる病気ではありますが、
なにより、削ったりしたり抜いたりするような、後戻りのできない処置をせず、
手入れをしながら、あるがままの歯を残せることが良いと思っています。

これには患者さんによるホームケアと、歯科衛生士によるプロフェッショナルケアの両輪が必要です。


また、介護状態になると、インプラント等に不具合が出てきて、施設等で問題になることも多いようです。

何より、歯も削って処置をしたり虫歯になった歯よりも、虫歯もなにも無い歯、そのものの方が耐久性が高く、
そして、歯を健康になるべく残していく事で、全身も病気になりにくいのです。

せっかくなら、元気な歯や歯茎で、過ごしたいものですね。



最近、佐鳴湖を走ることがあります。朝日が出ると気持ちが良いものです。

記事URL

2018年10月23日 火曜日

講習会に参加してまいりました。

めっきり涼しくなってまいりました。

涼しい、寒いところが好みの私は、とても嬉しい季節になってきました。

さて、先日、いくつかの講習会に参加してまいりました。
歯の根っこの中、神経のあった箇所に対する処置に関する講習。
それから、歯の噛み合わせや、被せ物等、それに付随する処置に関する講習。
また、台風のために新幹線が動かなくなるため参加できませんでしたが、ドライマウスに関する講習の資料を送付いただきました。

こういった知識を患者さんに還元できるよう、楽しみに考えております。
また、咬合に関する講習は複数回の講習のため、こちらも楽しみです。

当院のスタッフも、講習や雑誌等の知識を、どうわかりやすく伝えるか、資料をまとめ作成してくれたり、
週1回のミーティングの時のみならず、月1回の院内の症例発表時、話し合うことも多くなっております。

守れる歯をなるべく長く守ることができるよう、皆努めてまいります。

なるべく簡単な言葉を使うよう考えてはおりますが、
なかなか、特に文章だと、細かいニュアンスを伝えることができず、難しいと感じることもあります。
何かありましたら、当院のスタッフに直接確認いただければ幸いです。


最近風邪などを召される方が多くなっております。
くれぐれも、ご自愛ください。

先日の富士山です。10月初旬東京医科歯科大での講習会の際にはまだ雪はなく,この2Wでとても変わりました。

記事URL

2018年10月13日 土曜日

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所、歯科外来診療環境体制

 少し涼しくなってまいりました。
 日の出も少しずつ遅くなってきていますね。 

 さて、当院はかかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所(か強診)としての施設基準を昨年取得しております。

 3歳児のう蝕歯数は、平成1年が平均2.90本であったのに対し、平成25年には平均0.63本へと減少しています。また、75歳~79歳の現在歯数は平均15.6本と確実に増加しています。
 反面、歯周病罹患率は75歳以上で顕著に増加傾向にあり、これらのことからも、年齢など各ライフステージに応じたきめ細かな歯科医療の提供が望まれます。
 かかりつけ歯科医の有無と、新しい虫歯のでき方や残っている歯の数には、有意に関連があることが分析・調査から明らかになってきており、生涯を通じた歯科疾患の重症化を予防するために、平成28年度診療報酬改定で新設されたのが、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所です。


 以前と比べ歯周病や虫歯予防への保険適応の幅が広くなっております。
 歯周病予防にはお家での管理とともに、時折歯科にかかっていただいて、メンテナンスすることがとても重要です。
 虫歯を防ぐことはフッ素の塗布がとても大切です。
 また、これに伴い当院敷地内は禁煙となっております。
 
 歯科外来診療環境体制加算の基準も昨年取得しております。 
患者さんが不安や緊張、様々な身体的ストレスなどによって、治療中に体調が悪くなるなど、万一の緊急事態が起こった場合に適切に対応できなければなりません。
そのため、AEDなどの医療機器を備えたり、予め医科医療機関と密接に連携するなど、患者さんが、安心・安全に歯科医療を受けられるような体制を整えておく必要があります。
また、医療事故を未然に防ぐため、適切な研修を受けた常勤の歯科医師が配置されていなければなりません。
そのような体制を整えております。

 安心に診察ができ、また守れる歯を守れるように、と思っております。
 

記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
問い合わせは053-437-1216まで!

大きな地図で見る
所在地
〒433-8114
静岡県浜松市中区葵東2-20-6
最寄駅
浜松駅
診療時間
平日 09:00~12:30/14:30~18:30
土曜 09:00~12:30/14:30~17:00
定休日
水曜、日・祝日

詳しくはこちら